top of page

玄ノート #03 -もうすぐDTM2年生-

この寒すぎる冬、温もりはどうしても欲しくはなりますが、脳ミソがオーバーヒートするのはどうもいただけませんね。

あ、どうも玄狼です。アドレナリンってどこから出てくるんでしょうか?


さて、僕がボカロPとしてデビューしてからもうすぐ1年経とうとしています。長いようで短いようで、でもすっごく濃かった1年間でした。

時はボカロP戦国時代の2023年3月...強者ひしめくボカコレの舞台にて、緊張にまみれながら投稿ボタンを押したあの日は絶対に忘れることないでしょう。

いつかはやってみたいと思っていた作曲。叩かれるかなと思っていたけれど、そこでもらった温かい歓迎のコメントの数々に心洗われました。

その後も創作を通じて多くのつながりが生まれて、今では音楽に触れることが一つの生きがいとなっております。こんな素敵な機会を与えてくださった皆様には本当に感謝しております。

そうしてもうすぐDTMerとして2年生になるわけですが、いくつか目標のようなものを決めてみました。


1.投稿祭以外の時期にも曲を出す

いままでボカコレだったり無色だったり、何らかのイベントに参加する為に曲を書いていましたが、それ以外でも曲を作って出していきたいなと。

投稿祭はモチベの維持として重宝してましたが、それだけだとギリギリ快楽症候群が悪い方向に働いて曲作りをしなくなってしまう可能性があるので、ゆっくりでもいので時間をかけて曲作りをしていきたいです。


2.絵師さんとのつながりを深める

最近絵師さんとのつながりが薄いことに気が付きました。

上の事にも関連しての事ですが、曲を書いてそれに絵を当ててもらう、そして新しい関係を築いていく。これの嬉しさに気付いてしまったので、じゃんじゃん曲を書いていきたいですね。

あと、たむさんが主導している「北海道アトリエ会」の手を借りてみたいですね。


3.音・曲調のバリエーションを増やしてみる

これまでバンドサウンドだったり弾き語りだったりとシンプルな形態の曲をつくってきましたが、新しい音色を取り入れたり、別ジャンルに挑戦してみたいですね。いろいろ冒険していきたいね。


4.ルカ姉に曲を書く

ごめんなさい。ホンマごめんなさい。

去年の7月にお迎えしてから何一つ手を付けておりませんでした。

しかしルカ姉のポテンシャルを引き出すためにはどうすりゃいいのか...うぐぐ


5.楽しむ

いろいろ書き連ねてきましたが、結局のところ自分がやりたくてやってる以上はこれに尽きます。

昔から自分の中に渦巻いてるものを表現したいという欲望はかなり大きかったので、これからもその衝動に任せて楽しんでいけたらいいなと思っております。


~ここで宣伝~

今回のボカコレ曲「前進全霊」は、僕が歩んできたこの一年を締めくくると同時に、次なるステップへの一歩目となる作品です。これからも我が道を突っ走っていくつもりではありますが、もし迷子になったときはそっと導いて頂ければ幸いです(無責任)。

これからもよろしくお願いします、したっけ。


<お知らせ>

・北海道ボカロP連合 加入者募集中!!

北海道出身・在住のボカロ系クリエイターが集まるコミュニティです。

初心者大歓迎!加入申請はコチラから→Contact

・北海道ボカロP連合 コンピレーション・アルバム、配信・販売中!

連合メンバーの楽曲が集結。

それぞれの個性が詰め込まれた音楽をお楽しみください!

[サブスク盤]

HVU Compilation Vol.1

HVU Compilation Vol.2

[CD盤]

HVU Compilation +

BOOTH(北海道ボカロP連合):https://h-v-u.booth.pm/items/4951330

BOOTH(LUCY LOVE records):https://lucylove.booth.pm/items/4953857


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

玄ノート #08 -JOIN ALIVE 2024-

冒頭から重たい問いかけになりますが、 みなさんは自分の行動に誇りを持てていますでしょうか? …私は持ててません、玄狼と申します。 重たい問いをぶん投げましたが、今回はただフェスに行ってきたよ〜という報告になります。 7/13~7/14に岩見沢市で開催されたロックフェス「JOIN ALIVE 2024」に参加してきました。僕自身、こういった形のロックフェスに参加するのは初めてでして、駐車券を買い忘れ

有象無象に作曲中11

例えるなら無尽蔵なカレンダー。瞬間的に蠢いている夜のような風情はいくつかの藍染により暗い昼間のようになりました。 ところで、ワタシは数日後には東京の地に立っている手筈ですが、不可思議にも再構成の筋道を立ててアルバムの制作を進めています。 身の上話はこれくらいにして、ノイジーで意味不明なツイーヨ、ではなく、ブログの時間です。 二度と現れないと思われたそれは、思わぬ形で再会を果たし、やや長めと思しき気

玄ノート #07 -新しい形のデトックス-

昔は低気圧によって体調を崩すなんてことはなかったのに、ここ最近その影響を受けまくっている玄狼でございます。 お久しぶりです。書き溜めていたバンド語りを除くと約3ヶ月ぶりの執筆になります。 いや本当にですね、リアルが多忙でした。 書き出しから泣き言を言うのもあれですが、いろいろありすぎて気持ちの整理が上手くいかない日が続いて、ブログ含めて創作から一時的に離れていた時期もありまして... はい、ネガは

Comments


bottom of page